Vista 64bit はネットワークプリントがダメみたい。

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、メモリを増設。せっかくなので多めに載せておこうと考え、合計で6GBに。

OSはVistaの32bit版を使っていて、別段不便は感じてなかった。しかし32bitでは3GBまでしか認識されないため、残りの3GB が無駄になると思い結局Vistaを64bit版に変更することにしました。

アプリケーションのインストール作業も 順調に進み、動作確認では非常にきびきびと動作することがわかって気持ちがよかったのですが、最後に設定したプリンタでがっかりしたんです。

プリンタは4台所有しており、別のPC(Windows2000)にUSB拡張カード(BUFFALO製のUSB増設カード)を追加し、そのPCを プリンタサーバーに仕立てて4台のプリンタを接続。これまでVistaの32bit版では、これらプリンタはネットワーク共有で何の支障もなく活用できて いたのですが、Vistaの64bit版ではネットワーク共有のプリンタが利用できない。

接続しようとしてもプリンタドライバが見つからないと言われる。「ならば、ドライバを単独でインストールすればいい」と考え、インストール。イ ンストール自体は問題なく完了するのですが、そのドライバを使ってネットワーク共有のプリンタに接続しようとすると、やはりプリンタドライバが見つからな いと言 われる始末。どうやら、Vistaの64bit版ではネットワーク共有のプリンタがこれまでのように簡単には利用できないようです。悔しいが結局あきらめ ざるを得ない。

VistaはSP1も提供され、動作も安定して速度も改善されたのでとてもに快適になったのだが、まだまだ落とし穴がいっぱいあるようで、ちょっと 残念な思いを...。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.webmys.com/mt5/mt-tb.cgi/13

コメントする

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、MYSが2008年5月14日 19:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おまけソフトがいっぱいのPCは考えるべき」です。

次のブログ記事は「samba 3 の日本語コード指定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。